抗酸化作用が高いブルーベリーで元気な日常生活

ブルーベリーは北アメリカを原産とするツツジ科スノキ属の低木性果樹で、その仲間は北半球の各地に自生しております。

品種改良が盛んに行われたことから、今では300種類以上のブルーベリーが存在しており、日本にあるクロマメノキ・ナツハゼ・シャシャンボなどもブルーベリーの仲間です。

現在ブルーベリーのサプリメントが多く販売されていますが、その主な効能としてよく知られているのが「目にいい」という点でしょう。

ブルーベリーの青紫の色素にはアントシアニンが多く含まれており、それが目の疲労の緩和や視力回復など「目に効く」栄養素が詰まっています。

ブルーベリーは大別すると野生種と栽培種の2種類あるのですが、栽培種よりも野生種のほうがアントシアニンは多く含まれているようです。

またポリフェノールの含有量も多いので、抗酸化作用が高い点も注目されています。

抗酸化作用は身体をさびにくくする効能があるとされています。

そのため、免疫力が高まるので健康的な日々が送れるようになるのです。

さらに食物繊維が豊富なので、便秘の解消などにも大いに効果を発揮します。

このようなさまざまな効能を持ち、且つ食べておいしいブルーベリーをもっと日常生活に摂り入れましょう。

慢性的な目の疲れを回復させる

今や多くの人が慢性的な目の疲れを訴えています。

仕事やプライベートでパソコンやスマ―トフォンは欠かせませんが、それらは確実に目に良くない影響を与えています。

そんな中、ブルーベリーがこういった疲れ目を緩和すると人気を集めています。

ブルーベリーが疲れ目にいいのは、あの濃い紫色の色素アントシアニンのおかげです。

アントシアニンはヒトの視覚情報を脳へと伝える働きを補助する力を持っているため、これを摂取することで目が見えやすくなるのです。

また、ワインやチョコレートにはポリフェノールが多く含まれているのでさまざまな効能があるとされていますが、アントシアニンもポリフェノールの一種です。

ポリフェノールには活性酸素を抑える抗酸化作用が期待されていますが、アントシアニンにも同じような効果が望めるというわけなのです。

ブルーベリーといえば、そのまま生食したりジャムをパンに塗ったりヨーグルトに混ぜたりして食べるのが一般的でしょう。

冷凍されたものも売っているので、それを使えばいつでも簡単に食することができます。

最近ではブルーベリーの成分によるサプリメントや健康食品も多数販売されています。

ブルーベリーの効能をしっかり得たいならば、どんな形でも構わないので継続して摂取することが大切です。

自分に合った食べ方、摂取の仕方を見つけ出し、ブルーベリーのある毎日で健康に過ごしましょう。

ホームベーカリーでブルーベリーがより美味しくなる

ホームベーカリーの登場によって、家庭でもできたてのパンを手軽に作ることができるようになりました。製品のタイプによって特徴が異なることを十分に考慮したうえで購入することが必要です。

初心者には食パン専用タイプをおすすめします

無駄な機能をはぶいたシンプルなものです。小麦粉や水、塩、イーストなどの材料を入れてスイッチを押せば、自動で生地をこねて発こうさせ、焼いてくれます。シンプルな四角いかたちのものができあがります。

使いやすく価格が手ごろなのが特徴です。手動で具材を混ぜ込む手間をおしまなければ、そうざいパンなども作ることができ、オーブンを併用すればバターロールやクロワッサンなども焼けます。付属する機器が少ないため、手入れが面倒ではなく操作も簡単です。機械が苦手な方や子ども、高齢の方に最適です。

トレイ付きタイプでいろいろな種類のパンを楽しむ

内釜の代わりにトレイを使用することで、長いかたちをしたフランスパンなども簡単に焼くことができます。オーブンがなかったり、使う手間をかけたくない方におすすめです。全自動でいろいろな種類のものを焼くには最適です。

ただし、本体サイズが大きいので、置き場所にはある程度のスペースが必要です。また、販売しているメーカーが少ないため、できばえが自分の好みに合うかどうかよく検討してから買うことをおすすめします。

多機能タイプでもちをついたりめんを打ったりする

ナッツ類(アーモンド)やドライフルーツ(ブルーベリー)などを生地にねり込んだパンを簡単に作れます。具材はこねる過程で混ぜ込む必要がありますが、投入機に前もってそろえておけば自動で入れて焼いてくれます。

ほかにも、おもちをついたり、めん類の生地を作ったり、ジャムを煮たりとほかの用途にも使用できるのが特徴です。ただし、機能が増えればそれだけ値段も高くなり、本体サイズも大きくなります。

また、操作や手入れが面倒になることもあります。「具材は手動で混ぜ込んでもかまわない」、「パスタ生地やジャムなどは作らない」と考える方は、機能がたくさんついた製品がほんとうに必要かどうかをよく考えてから買いましょう。

ホームベーカリーは種類がたくさんあってどれを選べばいいのか迷います。多くのメーカーがホームページで自社の製品とそれを使ったレシピを公開しており、写真ものせているので、それを参考に自分の好みに合ったものを購入してください。