ヨーグルトに混ぜたりして適度な量を摂取するブルーベリー

ブルーベリーは目の働きをよくするアントシアニンという成分を多量に含むことから最近注目が集まっています。

アントシアニンはブルーベリーの濃い紫色の部分、特に皮に多く含まれています。

実はブドウでも皮の部分にたくさん含まれるのですが、ブドウは皮ごと食べることがないのでアントシアニンを摂取することが難しいというわけです。

その点ブルーベリーは皮ごと食べますし実自体も濃い紫色をしており、非常にアントシアニンが多いのです。

つまり、アントシアニンを丸ごと摂取できることとなるわけです。

近頃はパソコンに加えてスマートフォンを使用する機会がどんどん増えていますが、目にとってはますます環境が悪化している状態です。

このような目の酷使にはアントシアニンが効果的で、そのためにはブルーベリーを積極的に摂るといいでしょう。

けれども生のブルーベリーは結構値段が高いですし、ひと時に食べる量などさほど多くはありません。

ジャムもパンに塗ったりヨーグルトに混ぜる程度で、一度にたくさん食べることはできません。

そんな時、サプリメントなら手軽で簡単に適度な量を摂取することができます。